サイト「ぎゃらりーたちばな」付属ブログです。コメントはエキサイトブログユーザに限定しました。


by s00170227-1

イトトンボの三重連

d0135518_9523275.jpg
羊草(スイレン)が咲き始めた南部丘陵の泉ではいまイトトンボがさかんにペアを組んでの産卵行動にいそしんでいる。
もちろん相手を探しているトンボもたくさんいて、すでにペアになっているメスにもちょっかいをかけるものもいる。
そんなちいさなドラマの中でSLの三重連のようになったトンボたち。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-06-21 09:53 | 里山

夜明けのポピー

d0135518_63932.jpg


金沢市の市街地にある畑地である。
周辺をマンションや住宅に囲まれてしまってはいるが、それでも畑を守り、花や作物をを育てている人もいて小さくなったとはいえ私にとっては新聞配達コースの途中にあるオアシスのような場所である。
昨年までは畑一面にポピーが咲いていたのだが今年は新しく建てられたマンションの横に残されたようにほんの少しの株が固まって咲いている。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-06-15 06:09 | 金沢

ササユリ

d0135518_6312165.jpg

入梅の日に久しぶりの南部丘陵散策でした。
深い林の奥にひっそりと静まる泉のほとりで咲く数株のササユリを見ました。
そのうちのピンクの色が強い一輪に朝日が一筋、スポットライトのように届いていました。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-06-11 06:36 | 里山

桐の花

d0135518_10562763.jpg


平地では桐の花は散っているが、里山の少し高みに上るといまキレイな花を頭上に広がる木の枝につけている。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-05-13 11:01 | 里山

新緑の大池

d0135518_7463442.jpg


金沢市の南部に広がる里山の奥に大池がある。
そこまで入り込めるのは4月の下旬、林道の雪が消えてからだ。
ことしもようやく雪が消えたので大池まで行ってきた。
すでに池の周りは木々の芽吹きで柔らかな緑が広がっていた。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-04-27 07:50 | 里山

何色に見える

近くに住む孫が来たので夕食の準備をしていると台所の窓ガラスが夕日で真っ赤になった。
窓際の花瓶に差していた真紅のバラと黄色のカーネーション。
写真に撮るとその花が何色に見えるか孫に問いかけながら写した写真である。
夕日の写る窓の正面から逆光で撮ったものは見事に真っ黒に写り、
d0135518_8443376.jpg

少し斜めからすかして撮ったものがこの写真である。
d0135518_8452352.jpg

孫に撮った写真を見せると「フーン」の一言で終わった。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-04-24 08:54 | 写真

春光とスイセン

我が家の玄関先で冬の終わりにようやく咲き始めた鉢植えのスイセン。
彩の少ない季節に眼を楽しませてくれたが、一番後に咲いた一株が春の日に輝いている。
お礼の心を込めて一枚撮影させてもらった。
d0135518_4224965.jpg

[PR]
by s00170227-1 | 2008-04-16 04:24 | 金沢

光の中で

d0135518_6582635.jpg

いま金沢近郊の里山ではカタクリの花が暖かくなった陽気の中で次々に紫色の花を開いている。
鮮やかな黄色に黒の縞模様をつけたギフチョウも多くのカメラの放列をひらりとかわすように飛び交っている。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-04-10 06:58 | 里山

つぼみ

d0135518_3354098.jpg


カタクリの花の群生が見られる雑木林に今年もたくさんのつぼみが開花の準備をしていた。
好天が続けば2・3日後には可憐な花が見られるだろう。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-03-29 03:39 | 里山

梅一輪

d0135518_5504010.jpg

いまでは住宅が立ち並ぶ市街地のすぐ近くにタイムマシンで数十年さかのぼったような里山の風景が広がっている場所がある。
雪が消えて梅が咲き始めると小さな畑でジャガイモなどの植え付けのための準備作業の人たちの姿が見える。
畑と山との合間にある梅林は花が咲き、桃源郷のような風景を現出している。
d0135518_5522882.jpg

[PR]
by s00170227-1 | 2008-03-27 05:54 | 里山