サイト「ぎゃらりーたちばな」付属ブログです。コメントはエキサイトブログユーザに限定しました。


by s00170227-1

d0135518_6535972.jpg
1月21日北陸では珍しい好天の午後、前回の晴れた午後には白峰からの「白山」を撮ったので、今回は久しぶりに小松市の木場潟へ映りこんだ白山を撮れるかも知れないと限られた時間ではあったが車で木場潟へ向かった。
3時過ぎに到着、慣れない場所なので、どこで撮ればいいものかと歩いているとカメラを持ちながら手持ち無沙汰の様子で白山を眺めている人がいたので声をかけると、
「この場所からだと風が止まれば湖面に白山が綺麗に写りこむので、それを待っている」とのこと。
湖面を見るとほんの少しの波のために映りこんだ山なみは揺れているがそれなりの姿を残している。
その方の話によると、年に何回かは鏡のような湖面に白く神々しい白山が映りこむときがあり、この日はその可能性がある気象条件だということなのでその方の隣で波の静まるのを待つことにした。
残念ながら制限時間の4時までには波がピタリと止まることが無かった。比較的好条件だったときの一枚がこの写真です。
左下の赤いボールはカヌーの公式競技に使用されるものです。
058.gif
[PR]
# by s00170227-1 | 2009-01-30 06:55 | 風景

寒行托鉢ー大乗寺ー

d0135518_632559.jpg

寒に入って恒例の大乗寺の修行僧が草鞋履きの素足で街に出ての「寒行托鉢」が続いている。
だが今年は珍しいほどの暖冬続きで寒に入ってもなかなか雪の積もることがなくて、雪のなかの「寒行托鉢」という厳しさを撮る機会が無かった。
大寒に入った1月26日は先々日からの雪で撮影には絶好の天気。というわけで出発の模様を撮ろうと大乗寺へ・・・
ところが日曜日ということもあってカメラマン、カメラウーマンが10人ほど山門辺りでカメラを構えて待っている。
ということで私もその一人として出発の模様を取らしていただいた。
上の一枚は山門を出たところ
下の一枚はその様子をカメラに収めようとするカメラウーマンと修行僧の一行です。
d0135518_6342811.jpg

[PR]
# by s00170227-1 | 2009-01-27 06:36 | 金沢

雉が飛ぶ谷

d0135518_7575468.jpg


金沢市湯涌温泉へ日帰りで行ってきた。
深い谷川にかかる橋上から谷の斜面を眺めると雪の中をキジが飛んだ
[PR]
# by s00170227-1 | 2009-01-19 08:00 | 動物

うえみればむしこ

d0135518_4392799.jpg
秋田地方に「うえみればむしこ なかみればわたこ したみればゆきこ」
と言う歌詞のわらべ歌があります。
今日、たくさんの雪が降るなかでふと空を仰ぐと、うっすらと太陽のりんかくがみえてそのやわらかな光の中を雪の結晶が次々と降ってきていました。
そんな雪と太陽にカメラを向けていると「うえみればむしこ・・・」という歌詞が浮かんできました。
013.gif
[PR]
# by s00170227-1 | 2009-01-17 04:41 | スナップ

つらら


d0135518_19434384.jpg
今冬一番の冷え込み。
金沢市内は通常そんなに大きな氷柱(つらら)は目にしないのだが、今朝は建築現場の足組みの鉄柱に下がった氷柱で寒さを実感した。
033.gif
[PR]
# by s00170227-1 | 2009-01-12 19:44 | 金沢