サイト「ぎゃらりーたちばな」付属ブログです。コメントはエキサイトブログユーザに限定しました。


by s00170227-1

カテゴリ:里山( 28 )

新緑の大池

d0135518_7463442.jpg


金沢市の南部に広がる里山の奥に大池がある。
そこまで入り込めるのは4月の下旬、林道の雪が消えてからだ。
ことしもようやく雪が消えたので大池まで行ってきた。
すでに池の周りは木々の芽吹きで柔らかな緑が広がっていた。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-04-27 07:50 | 里山

光の中で

d0135518_6582635.jpg

いま金沢近郊の里山ではカタクリの花が暖かくなった陽気の中で次々に紫色の花を開いている。
鮮やかな黄色に黒の縞模様をつけたギフチョウも多くのカメラの放列をひらりとかわすように飛び交っている。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-04-10 06:58 | 里山

つぼみ

d0135518_3354098.jpg


カタクリの花の群生が見られる雑木林に今年もたくさんのつぼみが開花の準備をしていた。
好天が続けば2・3日後には可憐な花が見られるだろう。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-03-29 03:39 | 里山

梅一輪

d0135518_5504010.jpg

いまでは住宅が立ち並ぶ市街地のすぐ近くにタイムマシンで数十年さかのぼったような里山の風景が広がっている場所がある。
雪が消えて梅が咲き始めると小さな畑でジャガイモなどの植え付けのための準備作業の人たちの姿が見える。
畑と山との合間にある梅林は花が咲き、桃源郷のような風景を現出している。
d0135518_5522882.jpg

[PR]
by s00170227-1 | 2008-03-27 05:54 | 里山

野猿の移動

3月3日に白山山麓へ蕎麦を食べに行き、少し林道を走ってみると20匹ほどのニホンザルの群れに出会った。
このあたりの猿たちは人間と緊張関係にあるので人影を見るとすぐに林の中に入り姿を消そうとするから写真に撮るのは至難の業だ。
今日も見つけてカメラを持って車から降りるとすでにほとんどの猿は林の奥に入ってしまった。
かろうじて子連れの猿が雪の上を仲間を追って移動するのが写せただけだ。
d0135518_629210.jpg

[PR]
by s00170227-1 | 2008-03-04 06:29 | 里山

雪の「棚田」

d0135518_22541440.jpg

今冬の「最後」だと思ってまだ雪が少なかった金沢市南部丘陵に足を伸ばした。
林道と内川の渓谷に挟まれた傾斜地を耕した小規模な「棚田」があり、よくその景色を楽しませてもらう場所だ。
真新しい真っ白な雪が薄く積もり、カモシカなどの動物の足跡が点々と続いていた。
現在は2日前からの雪で私の車では入り込めなくなっているだろう。
[PR]
by s00170227-1 | 2008-01-14 22:54 | 里山

名残り秋

d0135518_4591086.jpg

金沢市の南部に位置する丘陵地。地域の人たちの手で守られる里山は新しい道路建設、産業廃棄物処理施設やダムの計画など環境を壊そうとする動きがますます強まってはいるが分厚く自然環境が残っている地域でもある。
車で30分も走ればオオタカなどの猛禽類、サルやカモシカ、イノシシや熊などの大型動物も生息し、農作物被害などの問題もあるが・・・貴重な地域で私は何年もこの地域に通って動物などの姿を追っている。
「名残り秋」を撮った場所は雪が遅かったので一昨日までは車で入れたのだが、雪雷がとどろいている今日は深い雪に包まれて来春までは人を寄せ付けない場所となる。
[PR]
by s00170227-1 | 2007-12-30 05:18 | 里山

金沢にも野猿が

金沢市南部、熊走町から程近い林で猿の群れを見た。
従来金沢には野猿は定住していないといわれていたのだが・・・、
地域の人に聞くと「離れ猿はいたのだが、ここ数年は冬になると20~30頭の群れが里まで降りて来るようになった」とのことである。
さすがにこの地域では猿と人との緊張関係を語るかのように、近づいての撮影は難しかった。
d0135518_634271.jpg

[PR]
by s00170227-1 | 2007-12-19 06:36 | 里山